ご葬儀の満足度には担当者とのコミュニケーションのあり方が深く関わってきます。

    • ご長男からの事前相談
    • かわさき南部斎苑
  • 一日葬
  • 会葬者14名
  • 仏式
  • 利用者の声あり

サポート相談事例58:かわさき南部斎苑(

  • ご相談対応
  • 松山悦子

「アンケート遅くなってすみません。ご葬儀を担当された○○さんに相談にのっていただき、無事に四十九日、新盆を終えることができました。まだやるべき事が多々あるのですが、1つ1つ片付けていきたいと思います」。

ご葬儀後にいただいたアンケート用紙に添えられたご報告の文面からはホッとされたご様子が手に取るように伺えます。

担当者からも「ご葬儀後の多岐にわたるご相談をお受けしていますが、こちらも勉強になります」と明るいお答えがかえってきました。

お位牌の手配、納品から、49日法要の為のご住職の手配、新盆の飾り付けからご自宅へのご住職の手配と、その都度その都度ご相談応じて対応をされたとのこと。

当センターではご葬儀のご相談をお受けして、ご要望に沿い内容に見合った地元の賛同社から見積りをお取りし、ご検討いただいた後、お時間がございましたら、できるだけ担当者と直にお会いになり、見積りは概算ですので、様々な資料を見せてもらいながら、さらに詳しい説明をお受けになることをお勧めしております。

と同時に担当者にも様々なタイプの方がおりますので、人により合う、合わないが出てくることもございます。 ご葬儀の満足度には担当者とのコミュニケーションのあり方が深く関わってきます。

今回もご逝去からご葬儀までの日数が空く場合には、お顔の色が変わってきてしまうため、ベビィオイル等の保湿が必要であること、またお父様のお話をお伺いして生花祭壇のイメージに合ったバックスクリーン等を提案し、その出来栄えにご相談者もご満足されて、ご葬儀後も引き続き事あるごとにご相談されていらっしゃったご様子が伺えました。

ご葬儀について身近にご相談される方がいらっしゃらないご相談者やお母様にとって、ご葬儀後までの担当者の労を厭わぬ存在が如何に頼もしく映ったことかと思われます。

ご相談者:ご長男(お父様は80代)

初回コンタクト時 都内の病院に入院中のお父様の病状が思わしくないので、ご葬儀の準備を始めたい。つきましては、ご葬儀の見積りをとのご相談を頂いたのは、ご葬儀から10ヶ月程前でした。 お父様のご実家の菩提寺が曹洞宗なので、総本山の總持寺でのご葬儀を、また川崎市民ですので、火葬はかわさき南部斎苑にて執り行いたいとのご希望を頂きましたので、總持寺指定の当センターの賛同社より見積りをお取りして、センターの見積説明書と共にお送りすることに致しました。
葬儀社紹介概算見積書提出 總持寺を想定した見積りをお送りし、ご検討頂きましたが、ご予算が少々オーバーするとのことで、かわさき南部斎苑と川崎の宗三寺養光閣での市民葬を想定した再見積もりをご希望になりましたので、かわさき南部斎苑に精通している市内の賛同社2社を新たにご紹介し、両社から見積りをお取りしお送り致しました。
ご家族でご検討の結果、ご親族様の年齢、移動距離等も考慮し、1日葬に変更されたいとの申し出を頂きましたので、再度両社に見積りをお願い致しました。
葬儀社とのコンタクト葬儀社決定 お見積りをお送りした後、お父様のご容態に回復の兆しが見え、「しばらく様子を見たい」との要請を頂き、ご紹介した葬儀社の担当者とのご面談は、半年ほど後になりました。 お母様とご一緒に面談されたご相談者からは、担当者の対応ぶりとご安置設備等を評価されて、早速お決めになられたとのご連絡を頂きました。
搬送ご安置 ご相談者から直接ご指定の賛同社へご逝去の報が入りましたので、転院された病院にお迎えに上がり、一旦ご自宅に搬送され、ご自宅で2日間お過ごしになった後、葬儀社の霊安室に移動され、こちらにて納棺の儀を執り行い、ご葬儀前日までご安置となりました。
ご自宅の玄関から棺をお出しするのが難しい状況でしたので、納棺の儀は葬儀社の霊安室に移動してから執り行われました。
本見積書提出 ご自宅に搬送後、お母様、ご相談者、弟様立会いのもと、かわさき南部斎苑にてご家族ご親族のみの1日葬での本見積りが決定、提出されました。
この事例でのご葬儀までの流れ
時系列 経過ポイント 内容
289日前 初回コンタクト 概算見積書作成 お父様の万が一を考慮され、總持寺を想定した見積り希望。總持寺指定の賛同社に依頼。
287日前 再度概算見積書作成 葬儀社紹介 検討後、かわさき南部斎苑と宗三寺養光閣を想定した市民葬の見積を川崎市内の2社に依頼。 その後、再度、1日葬の見積を両社に依頼し、両社を紹介。
62日前 葬儀社とのコンタクト葬儀社決定 概算見積を取られた7ヶ月後、担当者と面談されて葬儀社決定。
ご逝去 ご逝去時点 再入院先の病院にてご逝去
同日 搬送ご安置本見積書作成 ご自宅に搬送、ご安置後、お母様を中心に本見積りが作成される。
2日後 移動のため搬送ご安置 ご自宅ご安置後、葬儀社の霊安室に移動し、こちらで納棺されて、ご葬儀前日までご安置。
5日後 ご葬儀 かわさき南部斎苑にて葬儀・告式後荼毘に付す。

施行内容(一日葬/仏式/かわさき南部斎苑)

喪主 故人様の奥様がおつとめになりました。
規模/会葬者数 お父様のご実家が曹洞宗とのことで、当初総本山の總持寺でのご葬儀も視野に入れておりましたが、ご予算の関係や、ご高齢のご親族の方々を考慮し、二転三転された後、火葬場併設のかわさき南部斎苑での1日葬に落ち着きました。
ご会葬者も当初ご家族ご親族だけで40名様程とのことでしたが、ごく内輪のご親族のみ14名様に変更されました。
当センターではご長男様とメールにて対応して参りましたが、ご紹介した担当者との直接のやり取りは主としてお母様がされたとのことです。
途中、市民葬での御葬儀も検討されましたが、担当者とご面談の際に、祭壇と柩の他は別途揃えなければならず、同社の家族葬プランと費用面でも大差なく、まして祭壇も30~40年前の古いものになるとの説明を受け、最終的に生花祭壇の1日葬プランに決まりました。
1日葬 ご家族・ご親族14名様
宗教 葬儀社ご紹介のご住職に読経をお願い致しました。お墓の件に関しましては、まだこれからとのことです。仏式:曹洞宗
斎場 当初、お父様のご実家が曹洞宗とのことで、大本山の總持寺も視野にいれておりましたが、費用やご高齢のご会葬者等を考慮して、こちらでの1日葬になりました。 かわさき南部斎苑
葬儀費用 供花とお布施代を除いた葬儀総費用です。約66万円
かわさき南部斎苑での生花祭壇 青空に浮かんだ白い雲をバックにお花が咲き誇っているイメージと、祭壇両横に置かれた供花との色のバランスもよかったと、お褒めの言葉を頂いた生花祭壇でした。

施行葬儀社:アースメモリー赤とんぼ

施行後の、ご相談者からのアンケート

当センターへの口コミ
画像クリックで拡大
【対応について】
大変満足
【お勧め度合い】
機会があれば勧めたい

当センターについて

利用した理由 川崎市と葬儀協定を締結している団体であることと、ホームページの利用者のアンケート等を見て決めた。
利用した感想 いろいろな条件で見積依頼をしたが、その都度迅速に対応してもらえた。
又、電話・メールでの対応が親切で丁寧であった。
知った経緯 緊急入院した父の様子から最悪の事を考え、インターネットで葬儀社を検索している時に見つけた。
勧める理由 利用してよかったと思ったので。

かわさき南部斎苑とサポート相談事例

かわさき南部斎苑の斎場説明は かわさき南部斎苑 へ

ページトップへ