川崎市で葬儀をお考えの方へ

  • 当センターの目的は、「適切な葬儀社選びで、葬儀を前にした不安を取り除いてもらう」ことです。
  • そのために、当センターは、川崎市内の葬儀社さんとの間で、あさがお協定を締結しています。あさがお協定

「適切な葬儀社選びで、葬儀を前にした不安を取り除いてもらう」のが目的

万が一のとき何をどうすればいいのか・・、費用はどれくらいかかるものなのか・・、葬儀費用〇〇万円で追加費用なしと言っているが本当か・・、川崎市内の斎場や葬儀社はどこを選べばいいのか・・、事前準備はしたいけれども直接葬儀社に相談に行くは気がすすまなない・・、こちらの不安や無知につけこまれて足元をみられるのではないか・・など、こうした不安は誰もが持つと思います。

センターは、それぞれの状況に応じて、不安を取り除いてもらえるよう適切にサポートいたします。そして、センターがご相談者と葬儀社の間に入ることにより、たとえ、ご相談者が葬儀に関する情報を持たない中で葬儀社とやり取りをしても足元を見られることのないような仕組みにし、不安なく、そして後悔のない葬儀をあげられるようにしています。紹介とチェック確認

非営利第三者機関として適切な葬儀社の紹介

川崎市での葬儀現場を確認現状の葬儀においては、葬儀社の果たす役割がますます大きくなってきています。「後悔のない葬儀」にすることができるかどうかは葬儀社(および担当者)選びにかかっているといっても過言ではありませんが、葬儀社選びは大変難しいのが現状です。葬儀社の果たす役割と葬儀社選びが難しい理由

センターが紹介する葬儀社は、一定の基準をクリアした川崎市内で実績のある賛同葬儀社だけです。どんな葬儀社でも賛同葬儀社になれるわけではありません。この中から、ご相談者の要望に合う社を結びつけられるようにします。もちろん、センターを通したからといって葬儀費用が高くなることはありません。賛同葬儀社について

もっとも、他の紹介センターでもそれぐらいのことはやってくれるのでは? と思われるかもしれません。しかし、相談員による相談型(オペレータ型ではない)、顔の見える範囲での葬儀社紹介(データベースマッチングの全国型ではない)、トラブル防止の仕組み(紹介しっぱなしではない)、非営利第三者機関として運営していることなど、他にはない特徴を兼ね備えていると思っています。他社との比較(選ばれる理由) 

調べれば調べるほど混乱?

「ネットでの調査では葬儀社の実力を見極めるのは不可能」「ネットでの情報の収集に限界を感じた」「川崎市市民葬儀のリストに葬儀社がたくさんありすぎてどこを選んでいいかわからない」「調べれば調べるほど混乱した」・・・など、当センターを利用した理由をお聞かせいただいたことがあります。情報を集めようと思えば簡単にいくらでも集められるかのようなインターネットの時代です。そして、情報があればあるほど適切な判断に近づけるかのような雰囲気をもたらしました。しかし、そう簡単にいかないのは現実が示す通りです。
情報氾濫の中、情報を整理しアドバイスを行う相談員の役割は、小さくなるどころかますます存在意義で出てくるものと思っています。相談員の役割

いずれにしましても、葬儀で後悔しないように、斎場や葬儀社と直接に交渉する前に、安心してご活用いただければと思います。

新着情報

新型コロナウイルスに対する対応について
新型コロナウイルスによる感染症に罹患された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。当センターでは、ご依頼者の健康と安全、安心を第一に考え、それぞれの状況および、お聞きしたことを踏まえた上で、適切な葬儀社を紹介いたします。
葬儀相談員日記ブログ
コロナ禍の中、担当者は・・・。
昨年からのコロナ拡大はさらに強まり、緊急事態宣言が発令されたが、午後8時以降の外出自粛の要請も空しくなる程の広がりを見せています。そんなコロナ禍の中でも、お見送りの規模は縮小されますが、御葬儀だけは中止という訳には参りません。御家族・御親族ないし、ごく限られたお見送りの方々とのお別れが中心となりますので、より一層密度の濃い細やかな対応が望まれています...(more 別窓)
コロナ禍以後の御葬儀の在り方は・・・。
昨年来のコロナ禍の中、今年の幕開けは1月8日に発令された東京都を筆頭に一都三県に渡る緊急事態宣言から始まったと言っても過言ではありません。 昼夜を問わず、人の流れを止めることがコロナ感染から身を守る第1条件とのこと。 不要不急の外出は控える様に、様々な機関を通じて報じられていますが、御葬儀だけは待ってくれません。 昨年からの御葬儀では、通夜を省いた1日葬が多くを占めるようになり、お呼びする方もご列席される側の方も双方で躊躇され、こんな状況ですのでとの注釈をいれて、お身内だけでお見送りされるケースが主だっております...(more 別窓)
今年の年賀状
新年明けましておめでとうございます。 昨年中は色々とお世話になりました。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 今年は昨年来のコロナ禍の中、三密(密閉・密集・密接)を避けた初めてのお正月を迎え、様々な行事の中止や縮小に戸惑いの色が隠せない年初めになってしまいました。 友人知人からの年賀はがきには、お互い気軽にお会いできない分、昨年からの生活ぶりが克明に記され、ある種、近況報告の場と化しております...(more 別窓)