一般葬/仏式/かわさき南部斎苑

  • 事前の相談
  • 事後の相談

ご相談対応レポート、2013年6月

  • ご相談対応
  • あさがおアドバイザー
  • 松本明子

すぐにお迎えに行けることが必須だったため、ご相談者との電話を一旦切らせていただき、社を抽出してお迎えの確認と段取り等を相談し、すぐにご相談者へ伝えさせていただきました。

センターからは、直接担当者とお会いした際になにかあれば調整しますということをお伝えしたうえで、取り急ぎ、ご相談者のご要望に合った葬儀社で、かつすぐにお迎えに行ける社として1社をご紹介しましたが、ご安置後に直接担当者とお話しをされてそのままその社にお決めになりました。

ご相談者:ご長男(お父様は80歳前半)

初回コンタクト時 お父様が川崎市内の病院でお亡くなりになり、死亡診断書も受け取っている時点でのお電話でのご相談でした。
病院から紹介されたのが東京の葬儀社だったことから、できれば近隣の川崎市内の葬儀社にお願いしたいと思っているので紹介してほしいというご相談でした。
家族葬を希望されており、どこか希望している斎場などがあるのかをお聞きしたところ、特にないとのことでしたので、近隣の公営斎場で、便利かつリーズナブルに使用できるかわさき南部斎苑などがあることをご案内しました。
葬儀社のご紹介にあたっては、すでに処置まで終了していたので、すぐにお迎えに行けるということが必須でした。
葬儀社紹介 近隣に会社があり、かわさき南部斎苑での施行経験が豊富な葬儀社さんへ連絡をとり、すぐにお迎えに向かえるということ確認したうえで、ご相談者への折り返しのお電話で葬儀社のご紹介やお迎えの段取りについてご連絡させていただきました。
葬儀社とのコンタクト搬送 ご安置 葬儀社決定 葬儀社さん手配の寝台車がすぐに病院へお迎えに行き、ご安置所にご安置した後、社の担当者と直接会ってお話しをされ、そのままその社にお決めになりました。
本見積書提出 詳細の打ち合わせをし、ご相談当初のご希望であった家族葬で一旦見積書を提出しましたが、ご葬儀日までの間にご会葬の方も見ていただくことになり、人数等の変更等があったことから、再度見積書を提出することになりました。
この事例でのご葬儀までの流れ
時系列 経過ポイント 内容
ご逝去 ご逝去時点  
同日 初回コンタクト 死亡処置等が終わった頃、センターに電話でのご相談
葬儀社紹介 センターより、すぐにお迎えに行けるかを確認後、ご相談者へ折り返しの電話で葬儀社をご紹介。
搬送ご安置 葬儀社とのコンタクト 葬儀社さん手配の寝台車がすぐにお迎えにあがり、ご搬送・ご安置後、ご紹介社の担当者と直接お会いいただきました。
葬儀社決定 社の担当者とお話しをされたうえで、その社にお決めになりました。
2日後 本見積書作成 前日の打ち合わせの時点で一度、家族葬での本見積を提出しましたが、その後ご会葬人数に変更があり、再度見積書を作り直しました。
4/5日後 ご葬儀 通夜/葬儀・告別式、火葬

施行内容(一般葬/仏式/かわさき南部斎苑)

規模/会葬者数 ご相談当初は家族葬をご希望されていましたが、会社関係でお付き合いのある方にも来ていただくことになり、一般葬でのご葬儀になりました。一般葬:70人
宗教 特にお付き合いのあるお寺さんなどがないとのことで、葬儀社紹介の僧侶に依頼されました。仏式
斎場 ご相談の際に提案させていただき、葬儀社より詳細を確認された上でかわさき南部斎苑にお決めになりました。かわさき南部斎苑
葬儀費用 家族葬から一般の方にもご会葬に来ていただく一般葬に変更になりましたが、プランは最初の家族葬のままで、お食事や返礼品などのおもてなしの部分を追加されました。約128万円(宗教者謝礼含む)
南部斎苑での葬儀 左右のご供花は白一色ではなく色花を加えて、祭壇の雰囲気を盛り上げました。

施行葬儀社:(有)碓井式典

かわさき南部斎苑とサポート相談事例

かわさき南部斎苑の斎場説明は かわさき南部斎苑 へ

ページトップへ