直葬/かわさき南部斎苑

  • 事前の相談
  • 事後の相談

ご相談対応レポート、2015年前半

  • ご相談対応
  • 松本明子

センターからのメールと入れ違いに、ご危篤を知らせる連絡を受けられたとのご報告をいただきました。

そのご報告では、「寸前ではありますが、前もって情報があるだけで少し気持ちが落ちつけられます」と書かれていて、概算見積書と説明書が間に合ってよかったと心から思いました。

このご相談では、最初のご相談が電話だったことから、ご相談者が不安に思われていることやご要望の確認、状況や流れなど、メールでのやり取りでは少し時間がかかってしまうかもしれないようなところをスピーディーに対応することができました。

いつ、どうなるかという事はだれにもわからないことで、残念ながら思ったよりも早くその時を迎えられてしまわれた方も多くいらっしゃいます。

お時間があまりないようだと思われている場合には、お電話でご相談いただけるとよいかもしれません。

ご相談者:ご長男(お母様は70代)

初回コンタクト時 川崎市内のホームにご入居されているお母様が数日中と言われている状況の中、お電話でご相談をいただきました。
葬儀は息子様たちだけで送る直葬で、お柩を花で華やかにしたい、また、メイクを施してあげたいというご要望がありました。
また、安置所を使用してお別れの時間を少しゆっくり取らせてもらいたいというご要望もありました。
葬儀社紹介 概算見積書提出 お伺いしたご要望を踏まえて、自社会館内に安置所があり、ご安置中も臨機応変に対応できる社と、安置所は保有していませんが、融通性の高い安置所と提携をしている葬儀社の2社をご紹介し、併せて概算見積書を取り寄せて、センターからの説明書とともにメールにてお送りしました
その後、ご相談者より、センターからのメールと入れ違いにご危篤の連絡が入った旨のご連絡を頂きました。
葬儀社決定 葬儀社とのコンタクト ご逝去された時点で、概算見積書とセンターからの説明書にてご検討してお決めになった社へ、ご相談者が直接連絡してご依頼されました。
搬送 ご安置 担当者が川崎市内のホームへお迎えに伺い、同社の安置所にてご安置となりました。
本見積書提出 ご安置を整えたあと、日程が決まり、本見積書の作成。
事前の概算見積書を提出してすぐのご逝去だったことから、内容は先の見積書と同様でした。(日程の関係でご安置料とドライアイスが日数分加算となりました。)
この事例でのご葬儀までの流れ
時系列 経過ポイント 内容
半日前 初回コンタクト お電話でのご相談
葬儀社紹介 概算見積書作成 詳細をお聞きし、2社の紹介と合わせて概算見積りをメールで送信。 センターからのメールと入れ違いにご危篤の連絡が入る。
ご逝去 ご逝去時点 川崎市内のホームにてご逝去
同日 葬儀社とのコンタクト 葬儀社決定 お選びになった社へ直接ご連絡され、ご依頼。
搬送 ご安置 社の担当者がお迎えに行き、同社保有の安置所へ搬送。ご葬儀の日まで同所にてご安置。
本見積書作成 事前に提出した概算見積書と同様の内容となりました。
4日後 ご葬儀 葬儀社の安置所にてお別れをしてご出棺。
かわさき南部斎苑にてご火葬。

施行内容(直葬/かわさき南部斎苑)

規模/会葬者数 当初のご要望どおり、息子様お二人での火葬のみでの葬儀となりましたが、葬儀社の自社安置室にてご出棺前にお別れの時間をゆっくり取られました。 直葬:2名
斎場 かわさき北部斎苑が一部改修工事を行っていて混雑している時期でしたので、少しでも早く行えるかわさき南部斎苑でのご火葬となりました。
事前の段階で、北部斎苑が混み合っているかもしれないとお話しさせていただきましたが、弟様の車で移動するので、ご自宅から少し距離がある南部斎苑でも大丈夫であるとご了承をいただいていました。 かわさき南部斎苑
葬儀費用 火葬のみでの葬儀費用に、ご相談の時点でも承っていたご要望による生花の追加とメイク代がプラスされています。また、ご安置日数が4日間となり、安置料とドライアイスの費用も日数分が加算されました。。 約30万円

施行葬儀社:まこと式典

かわさき南部斎苑とサポート相談事例

かわさき南部斎苑の斎場説明は かわさき南部斎苑 へ

ページトップへ