川崎市での葬儀サポート事例

規模 斎場からの検索も可能です。
宗教
場所

川崎市で検索結果

全120件 1|2|3|4|5|次へ→

会葬風景や祭壇など
詳細を見る

当センターへの、最初の相談時、フォームより、「できれば費用を抑えたいので市の斎場を利用したい。事前にいくつか候補をあげておいて事後決定したいと思います」とありました。 ただ、事前に候補を検討することなく、センターに再度電話にて連絡があったのは、7日後の逝去の後の早朝でした。 当センターのサイト上でも、また、対応においても、ご相談者の心理的な抵抗感を少なくするように心がけてはいますが、実際には、ハードルが高い方も多くいらっしゃいます。

相談者:長女 / 事前相談
斎場 かわさき南部斎苑
規模 一日葬
宗教 仏式
会葬者 30名
登録
会葬風景や祭壇など
詳細を見る

センターは、葬儀社を紹介して終わりではありません。 ご相談者が葬儀社と直接やり取りをはじめてからも、ご要望や見積もりなどに変更があれば、それも随時報告していただいていますし、ご喪家に提出した請求書も見積もりと照らし合わせて確認をしています。 また、見積りや請求の費用面だけでなく、何かあった場合には間に入って調整することもあり、葬儀社を決められた後でも引き続きご相談に対応しています。

相談者:養女 / 事前相談
斎場 アクアホール
規模 こぢんまり葬(~60名程度)
宗教 仏式
会葬者 28名
登録
会葬風景や祭壇など
詳細を見る

深夜、看護をされていたご長女様のご自宅でのお看取りでした。 ご逝去された時点ではまだ葬儀社を決めていらっしゃらず、訪問看護師の方とスマホでお調べになり、センターへお電話されたそうです。 センターでは事後にご相談いただくことも多くあります。その際には、お分かりになる範囲でご要望をお伺いし、葬儀社をご紹介させて頂き、センターで担当者がすぐに動けるかの確認をとったうえで、ご相談者と直接やり取りを行っていただくようにしています。

相談者:長女 / 事後相談
斎場 かわさき南部斎苑
規模 一日葬
宗教 仏式
会葬者 13名
登録
会葬風景や祭壇など
詳細を見る

大切なお身内の余命を医師から告げられた時のご家族のお気持ちは、言葉では言い表せないものとお察しいたします。 また、 その様な状況のなかで、葬儀の事を考えなくてはならない、でも、葬儀のことがよくわからないという不安は、とても大きいものと思います。 このような状況のなか、葬儀社を選ぶにあたり、葬儀社はたくさんあるのだから、できるだけ多く情報を集めてその中から選びたい、と思われる方も多いと思いますが、情報が多ければ多いほど、ご自身に不要な情報が混ざってしまい、混乱されてしまう方もいらっしゃると思います。

相談者:長女 / 事前相談
斎場 かわさき南部斎苑
規模 一日葬
宗教 無宗教葬
会葬者 6名
登録
会葬風景や祭壇など
詳細を見る

「直接複数の葬儀社に連絡しなくてすむので助かりました。」と、ご葬儀後にご協力いただいたアンケートに書かれていましたが、確かに、複数の葬儀社に直接相談するというのは思っている以上に労力を伴うのでは、と思います。 葬儀社をピックアップするところから始まり、相談、見積もりなどから検討し、会わないようであればまた同じことを繰り返し・・・。

相談者:長女 / 事前相談
斎場 かわさき南部斎苑
規模 家族葬(~30名程度)
宗教 無宗教葬
会葬者 4名
登録
会葬風景や祭壇など
詳細を見る

「アンケート遅くなってすみません。ご葬儀を担当された○○さんに相談にのっていただき、無事に四十九日、新盆を終えることができました。まだやるべき事が多々あるのですが、1つ1つ片付けていきたいと思います」。 ご葬儀後にいただいたアンケート用紙に添えられたご報告の文面からはホッとされたご様子が手に取るように伺えます。 担当者からも「ご葬儀後の多岐にわたるご相談をお受けしていますが、こちらも勉強になります」と明るいお答えがかえってきました。

相談者:長男 / 事前相談
斎場 かわさき南部斎苑
規模 一日葬
宗教 仏式
会葬者 14名
登録
会葬風景や祭壇など
詳細を見る

お母様の急なご逝去で、まだお父様が病院に到着する前の段階にご長女の方からお電話を頂いたご相談です。 病院に入っている葬儀社さんから話しをお聞きになりましたが、違和感をお感じになり、ご自身がネットで検索して、センターにご相談されました。 病院でご逝去された場合、病院からはなるべく早くお迎えに来てもらうようにと伝えられることが多いようです。

相談者:長女 / 事後相談
斎場 かわさき南部斎苑
規模 こぢんまり葬(~60名程度)
宗教 仏式
会葬者 40名
登録
会葬風景や祭壇など
詳細を見る

「背広姿で穏やかな笑みがこぼれる遺影の写真が印象深いご葬儀でした」とはご葬儀を執り行った担当者の弁でした。 昔のお元気な頃の写真の中から遺影用の写真を探したが、決定打が見つからず、あれこれ迷っていた時、闘病中に写した写真の中に笑顔で表情の良い写真を見つけ、背広を着て元気にお仕事をされていた頃のイメージを大切にと、お顔と背広の写真を合成して造ったのが今回使われた遺影用の写真でした。

相談者:長女 / 事前相談
斎場 アクアホール
規模 一日葬
宗教 仏式
会葬者 15名
登録
会葬風景や祭壇など
詳細を見る

かわさき南部斎苑の告別室におかれた7寸程の桐の柩には、綿を敷いた上に、ガーゼのおくるみに包まれた赤ちゃんが横たわり、脇にはぬいぐるみが添えられていました。 赤ちゃん用の柩としてアニメやパンダの絵が描かれた柩が特注されるようですが、まだ分娩の時期迄行かなかった赤ちゃんは、お顔もはっきりしていない状態でしたので、担当者は飾りのない桐の柩に、新生児用の遊びものとしてぬいぐるみを入れ、御両親のメッセージを添えることを提案されたとのことです。

相談者:父 / 事後相談
斎場 かわさき南部斎苑
規模 直葬(火葬のみ)
宗教 無宗教葬
会葬者 4名
登録
会葬風景や祭壇など
詳細を見る

どのご葬儀も同じではなく、また、葬儀社もどこに頼んでも同じというわけではありません。 各ご家庭によって、異なるのは、場所や費用だけではありません。葬儀社を選ぶ状況や条件なども様々です。 このサポート事例は、どのような状況からご相談が始まったのか、どのような流れで葬儀社を選んだのかなどを、実際のご相談に基づいて作成していますので、おおまかな流れは同じように見えても、各ご相談によって内容はそれぞれのものになっています。

相談者:長女 / 事前相談
斎場 かわさき南部斎苑
規模 一日葬
宗教 仏式
会葬者 11名
登録

[]で検索結果

全120件 1|2|3|4|5|次へ→

※サポート事例は、当センターで実際にサポートさせていただいたものです。掲載可能な事例をとりあげています。実際例ですので、ご相談の流れや、タイミング、内容の決まり方などの参考になると思います。

ページトップへ

われわれ相談員は、ご相談者と葬儀社を単につなぐだけのメッセンジャーやオペレータではありません。

  • 何の用意もしてないし、情報も持っていないので不安
  • 情報収集したが、情報氾濫の中で何をどう判断していけば良いのかわからない
  • 葬儀社と直接交渉しても、こちらの不安や無知につけこまれて足元を見られないか心配

こうした不安が少しでも解消されますように、それぞれの状況に応じて情報整理し、適切にアドバイスを行っています。当センターでは、これまで2004年の設立以来、10年以上にわたり、3,000件を超える実際のお葬式施行をサポートしてまいりました。1件1件の相談を積み重ねた経験をもとに、具体的な心配点や不安点に対応させてもらいますので、ご安心して相談ください。