一日葬/友人葬/高津斎場

  • 事前の相談
  • 事後の相談

ご相談対応レポート、2015年前半

  • ご相談対応
  • 松本明子

家族全員が同じ宗教を信仰されている場合には全く問題がないことなのですが、離れて暮らすご家族がそれぞれ異なる宗教を信仰していたり、信仰する宗教が無いような場合、どのような形での葬儀を行うのがいいのか迷われることがあると思います。

このご相談では、ご相談者が以前お父様より「自分の葬儀は友人葬でやってもらいたい」ということを聞いたことがありましたが、ご家族はその宗教にこだわりがないというところで、普通にお経をよんでいただく仏式の葬儀も検討されていました。

迷われていた中、センターからは友人葬と仏式の葬儀についての説明をさせていただき、また、葬儀社の担当者からもアドバイスをいただいたうえで、故人様の遺志を尊重する形で友人葬を選ばれました。

 宗教については第三者が「こうしたほうがいい」などと意見することが出来ないものだけに、ご家族での話し合いが重要になります。

ご相談者:ご長男(お父様は70代)

初回コンタクト時 葬儀社紹介 ご入院中のお父様が心配な状況の中でのお電話でのご相談でした。
お身内のみでの家族葬を希望されていましたが、ご高齢のご親族がいるとのことで、ご負担を考慮して一日葬で行いたいとおっしゃっていました。 また、お父様はご自身の葬儀を友人葬でやってもらいたいという意向がありましたが、ご家族は仏式の葬儀も検討されていました。
なお、あまりお時間が無いかもしれないという状況だったことから、ご相談者のご自宅から近く、家族葬に適した会館を持つ葬儀社を口頭でご紹介し、見積りはメールでお送りする旨をお伝えしました。
概算見積書提出 ご紹介葬儀社に、早急に概算見積書を作成していただき、ご相談者へメールで送信しました。
葬儀社とのコンタクト 葬儀社決定 概算見積書にてご確認いただき、センターの方でご葬儀の時の宗教のことや、葬儀会館のことなどのご質問に対応させていただいたうえで、葬儀社の担当者へ直接電話にて連絡をお取りになり、万一の際にはその社へご依頼されることをお決めになりました。
搬送 ご安置 ご相談の翌日、川崎市内の病院にてご逝去され、ご相談者が直接葬儀社へ連絡し、搬送の依頼をされました。 安置場所は同社の会館内にある安置所です。
本見積書提出 先に提出された概算見積書に従って打ち合わせを行い、日程によって変更する部分などを修正した本見積書の作成となりました。
この事例でのご葬儀までの流れ
時系列 経過ポイント 内容
1日前 初回コンタクト 葬儀社紹介 お電話でのご相談。
時間があまりないかもしれないとの状況で、そのまま口頭で1社をご紹介。
概算見積書作成 ご紹介社に至急、概算見積書を作成してもらい、センターよりご相談者へメールで送信。
葬儀社とのコンタクト 見積書を確認後、一度センターとのやり取りを経て、直接葬儀社へ電話にて連絡をし、詳細の説明を受けていただく。
ご逝去 ご逝去時点 川崎市内の病院にてご逝去。
同日 搬送 ご安置 ご相談者が直接葬儀社へ連絡し、ご依頼。
安置所は同社の会館内にある安置所。
5/6日後 ご葬儀 葬儀社の自社会館にて告別式のみの一日葬。かわさき南部斎苑にてご火葬。

施行内容(一日葬/友人葬/高津斎場)

規模/会葬者数 ご相談当初と同様です。一日葬:ご家族ご親族10名
宗教 故人様の遺志を優先されました。 友人葬
斎場 ご相談の際にセンターより、お聞きしたご要望に合うよう斎場として提案させていただきました。高津斎場
葬儀費用 葬儀にかかったすべての費用です。約45万円
高津斎場での生花祭壇 友人葬での葬儀に沿った、白木祭壇です。

施行葬儀社:(株)ファミリーホール

ページトップへ