家族葬/仏式/自宅葬

  • 事前の相談
  • 事後の相談

ご相談対応レポート、2013年2月

  • ご相談対応
  • 有賀知道

斎場での葬儀が一般化する中で、自宅葬は減少傾向です。それにともなって、自宅葬に慣れていない葬儀社も増えてきてますし、そもそも手間がかかる自宅葬をやりたがらない葬儀社もあります。この事例では、ご相談者もそのあたりも心配されていたようで、事前に葬儀社の担当者に自宅を見てもらって自宅葬が可能と判断されました。また、故人のお孫さんが音楽をやっていて、ピアノを演奏をしたいという希望があり、そうした演奏が可能であったのも自宅葬ならではのことでした。

ご相談者:次女 (お母様は80代前半)

初回コンタクト時 実母が町田市内の病院に入院しており危篤という状況でのご相談でした。まだ内容の方向性は漠然としているが、できれば自宅葬にしたい。式場を利用することも考えられるが、この場合、関係者にお知らせるようなことになると、ある程度の会葬者が見込まれる可能性がある。 ひとまず、自宅葬のほうになる可能性が強いので、それで見積もりを作成し、以後の検討材料にしてもらうという流れになりました。ご相談者のお姉様がいる山陰地方の菩提寺には、すでにお父様が納骨されているということです。
葬儀社紹介概算見積書提出 自宅での家族葬という想定で、それに合うような葬儀社2社のご紹介に合わせて概算お見積りを、その日のうちにFAXで提出をいたしました。
葬儀社とのコンタクト 概算見積もり提出の翌日に、ご相談者からご連絡いただき、実際に2社の担当者と自宅で会って、打ち合わせするということになりました。
葬儀社決定 この直接面談で、1つの社に絞られ、それ以後、その社の担当者と電話やさらに実際の打ち合わせをして不安点を解消されていきました。
搬送ご安置 町田市内の病院からご自宅へ、紹介葬儀社が搬送しました。
本見積書提出 ほぼ事前見積通りです。
この事例でのご葬儀までの流れ
時系列 経過ポイント 内容
21日前 初回コンタクト お電話でのご相談

ご要望の詳細について整理と確認

同日 葬儀社紹介概算見積書作成 葬儀社2社のご紹介と併せて、事前のお見積りをFAXにて提出

紹介社と概算見積もりの検討。実際に2社の担当社と面談する方向に。

17日前 葬儀社とのコンタクト葬儀社決定 2社の担当者が、ご相談者のご自宅へ伺い説明。この面談で、1社に絞られ、以後その社と電話や再度の面談を通して決定。
ご逝去 ご逝去時点  
同日 搬送ご安置本見積書作成 葬儀社が病院へお迎え、ご自宅へ搬送。ご安置後の打ち合わせにおいて、日程など詳細内容の打ち合わせ。
4/5日後 ご葬儀 お通夜/告別式・火葬

施行内容(家族葬/仏式/麻生区内の自宅)

規模/会葬者数 一般葬も少し検討されたようですが、第一希望の、ご家族・親族でという形になりました。家族葬:30人
宗教 すでにお父様が納骨されている菩提寺が山陰地方にあり、納骨はそこになり、法名は菩提寺からいただく。ただ、葬儀のときの読経は葬儀社の紹介する僧侶でした。仏式
斎場 ご相談当初は、斎場の利用も少しは検討に上がっていました。自宅での施行が可能かどうかも含めて、事前の葬儀社の担当者との打ち合わせも踏まえてご自宅での葬儀となりました。麻生区内の自宅
葬儀費用 家族葬なので、事前見積もりと想定していた人数とほとんど違わないので、ほぼ事前見積もり通りの費用でした。飲食や返礼品、お布施も含めての総額です。約85万円
高津斎場 麻生区内の自宅で執り行われた葬儀

施行葬儀社(株)ファミリーホール

施行後の、ご相談者からのアンケート

当センターへの口コミ
画像クリックで拡大
【対応について】
満足
【お勧め度合い】
機会があれば勧めたい

当センターについて

利用した理由 問い合わせ後に頂いたFAXと電話でのアドバイスがきめ細かく、とても役立ったので。
利用した感想 見積もりに関するチェックシステムなど、信頼ができる。他の紹介センターではここまでしてくれないのでは(?)
知った経緯 複数の紹介所を比較し、紹介後の対応に他社との違いを感じた。

麻生区内の自宅葬とサポート相談事例

麻生区内の自宅葬の説明は 麻生区内の自宅葬 へ

ページトップへ