川崎市で葬儀をお考えの方へ

  • 川崎市には、葬儀協定という制度があります(正式名称は「葬儀における消費者トラブルの防止に関する協定」)。川崎市行政と葬儀協定を締結している団体は、当センターを含め3団体で、「川崎市民が葬儀内容を精査し、納得して契約できる」ようにしています。(詳細は、葬儀協定 のページ)

葬儀を前に不安になるのも無理ありません

センターの存在意義は、よき葬儀社選びのサポートを通して、葬儀を前に頭に浮かんでくる様々な不安を取り除き心を落ち着けてもらうことです。

万が一のとき何をどうすればいいのか・・、費用はどれくらいかかるものなのか・・、川崎市内の斎場や葬儀社はどこを選べばいいのか・・、事前準備はしたいけれども直接葬儀社に相談に行くは気がすすまなない・・、こちらの不安や無知につけこまれて足元をみられるのではないか・・など、こうした不安は誰もが持つと思います。

ただ、センターがご相談者と葬儀社の間に入ることにより、たとえ、ご相談者が葬儀に関する情報を持たない中で葬儀社とやり取りをしても足元を見られることのないような仕組みにし、不安なく、そして後悔のない葬儀をあげられるようにしています。(この仕組みの詳細は、紹介とチェック確認 のページ)。

非営利第三者機関として適切な葬儀社の紹介

川崎市での葬儀現場を確認現状の葬儀においては、葬儀社の果たす役割がますます大きくなってきています。「後悔のない葬儀」にすることができるかどうかは葬儀社(および担当者)選びにかかっているといっても過言ではありませんが、葬儀社選びは大変難しいのが現状です。→ 葬儀社の果たす役割と葬儀社選びが難しい理由

センターが紹介する葬儀社は、一定の基準をクリアした川崎市内で実績のある賛同葬儀社だけです。どんな葬儀社でも賛同葬儀社になれるわけではありません。→ 賛同葬儀社について
 この中から、ご相談者の要望に合う社を結びつけられるようにします。

もっとも、他の紹介センターでもそれぐらいのことはやってくれるのでは? と思われるかもしれません。しかし、非営利第三者機関として運営していること、相談型であること、川崎市エリアに絞っていることなど、他にはない特徴を兼ね備えていると思っています。こうしたことがご相談者にとってどういった意味を持つかについては、葬儀社紹介センターの比較 をご覧いただけたらと思います。

調べれば調べるほど混乱?

「ネットでの調査では葬儀社の実力を見極めるのは不可能」「ネットでの情報の収集に限界を感じた」「川崎市市民葬儀のリストに葬儀社がたくさんありすぎてどこを選んでいいかわからない」「調べれば調べるほど混乱した」・・・など、当センターを利用した理由をお聞かせいただいたことがあります。情報を集めようと思えば簡単にいくらでも集められるかのようなインターネットの時代です。そして、情報があればあるほど適切な判断に近づけるかのような雰囲気をもたらしました。しかし、そう簡単にいかないのは現実が示す通りです。
 情報氾濫の中、情報を整理しアドバイスを行う相談員の役割は、小さくなるどころかますます存在意義で出てくるものと思っています。→ 相談員の役割

いずれにしましても、葬儀で後悔しないように、斎場や葬儀社と直接に交渉する前に、安心してご活用いただければと思います。

新着情報

サポート事例
ご相談者は何度か近隣の斎場での葬儀に参列された経験があり、その際にその斎場の... (more)
ご相談者の声
第三者的な、フラットな見解がほしかったため。... (more)
口コミ・評判
説明がわかりやすく的確でした。 担当の方がはじめの説明から当日司会等すべて同じ ... (more)
葬儀相談員日記ブログ

ページトップへ